« 逆裁2のアドリブ的なこと | トップページ | ひさびさに星組を »

『逆転裁判2』感想・1

9月11日11時の回と3時の回を見てきました。

全体的な感想。

前回は完全にワンサだった下級生の見せ場が増えていてよかった。
警官役の子が2人歌ったし、廷吏にセリフがあったし。
宝塚は下級生でも脇役でもファンがいるの。その人を見にくる人のためになんらかの見せ場がほしい。
それをちゃんと充たしていた。

芝居全体は面白いんだけどなんとなくタルいと思ったんだ…。
原因はよくわからん。
テンポは悪くないと思うんだ。メリハリが足りないのかな。

1のときよりも変な小ネタが少ないというのもあるかも。
「モエノ・クリステル」的なアホさが足りない。ああいうバカバカしいのが好きなんだよ。
笑える人物紹介もマヤちゃんだけだったし。

1番気になったのは1幕だけで話がまとまってしまった感じがした点。
休憩時間に全然ワクワクしなくて変な感じ。
「早く2幕を見たい!」と思わないんだよ。

2幕冒頭のマヤちゃん誘拐事件を1幕の終わりにもってきて「引っ張って」ほしかったな。
そうしたら休憩時間もワクワクして過ごせたのに。

悪くないんだけど、面白いんだけど、ちょっと物足りない。
個人個人の演技も熱くていいんだけどねぇ…。

でもフィナーレはすごかったわー。

最初の男役ダンスはそれだけでテンションあがるし、
白デニム(?)のデュエダンはきれいだし、せーこちゃんの歌はうまいし、
舞台上でお着換えしたときはビビったし、
でもってダンスが蘭とむフルスロットルな感じだし。

蘭とむの背中のそりが「あんた娘役か!?」な感じにすごかったですね。
あんなくどい娘役いませんけど。

でもって舞台に一人残ってのソロ「君のすーべーてーをー 取り返したいかーらーーー」のときの
刻々と変わる表情がなんとも。
ここでかなりキているのに、

まさかの喘ぎMAX。

はぁ―――――ん、はあぁ―――、

ははぁぁぁ―――――――――ん

殺す気か!!!!!

腹筋痛い。
いやそれよりも息を止めてしまうわ。

圧倒されて息ができず窒息してしまう。
リアルに死ぬかと思った。
この喘ぎがけっこう長いんだ。

これでいままでの舞台がすべてすっとびました。
熱い演技も変なニックの私服もエッジワースのありえないくどさも出演者みんなのかっこよさも全て。

それなのに、喘ぎおわったあとは何事もなかったかのように深々と礼。
ちょっと待て。

でもおかげで最後のパレード(という言い方でいいのだろうか)はテンションが上がりきったまま、すごく楽しい気持ちで見れた。
これが狙いか鈴木圭。
策士め…。

チケット代7500円のうち3000円はこの喘ぎのためだと思う。
あと1000円くらいはニックのソファ寝そべり。
これ好物。

web拍手

|

« 逆裁2のアドリブ的なこと | トップページ | ひさびさに星組を »

05.宙組」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『逆転裁判2』感想・1:

« 逆裁2のアドリブ的なこと | トップページ | ひさびさに星組を »